費用が安い



e Top part -->

中学受験をする上で、通信教育や市販ドリルを使用すれば教育費用を抑えることができます。
師範ドリル1冊の値段を受験本番までの月数で単純にあれば自明の理です。
通信教育も同様です。
塾や家庭教師の一カ月の費用と比較すれば、安さが判ります。
問題は、本当に成績の向上が見込めるか、子どもが判らない問題を如何に対応するか、受験に間に合うかの3点です。
1点目の成績向上は、中学受験に合った教材を選ぶことで十分に成績向上は見込めます。
教科書準拠の教材も数多くありますので、中学受験用の教材を選ばなければなりません。
内容をよく確認して、難しいと感じるレベルが中学受験用の教材です。
普通に溶けるなら、不合格者が数多く出る受験には通用しないからです。
2点目の判らない問題の解決方法は、学校の先生をフル活用する手段を使います。
その場で解けなくとも、学校の先生は、必ず答えを出し説明してくれます。
教師としてのプライドがあるからです。
最後の3点目が一番の難問です。
いくら計画をきちんと立てても、実行する子供自身がモチベーションを下げ、ペースを乱してしまう可能性があるからです。
将来の夢を話し合い、学校訪問や模試などで、常にモチベーションを上げていかなければなりません。
受験は本人自身が頑張らなければならない孤独な戦いですが、中学受験に関しては親子で協力し合って戦うチーム戦になります。