自由に時間を使える

中学受験を考えても、近くに塾がなかったり保護者とも仕事をもっておられ送迎ができず、塾に通わせることができないというご家庭も多くありますが、塾は通学に時間がかかったり、行くときが決められたり制限が加わることも考えると通信教育も利用のひとつでしょう。
また市販ドリルでも学習可能でしょう。
通信教育の問題は、1回に送られてくる問題に真剣に取り組むとかなりの学力がつくでしょう。
もちろん解くだけでは力にならず、戻ってきた真っ赤になった答案用紙をじっくりと読み、正解でもどこに課題があるのかよく見て、再度解きなおす必要があるでしょう。
また、しばらくたって再度、同一問題に取り組んでみて、戻ってきた答案用紙の赤の解説部分やいっしょに送られてきた解説書を読み直すとよいでしょう。
市販ドリルも正解例だけチェックするのではなく、きちんと答えを導くための解説や誤りの理由をしっかりと読み通信教育と同様の学習をするとかなりの力がつくものです。
両方に共通していえることは、ただ解いて高得点を求めるのではなく、正解でも課題がないか調べ、間違いのときは、どこがどのように間違えたかきちんと分析することです。
これらをきちんとしていると塾に通っている人たちに負けないほどの時間が必要となります。
しかし、ここにあげたような学習は中学受験の対策の塾に通っている人たちのように通ったりしてする必要はなく、自分の取り組みたいときに自分のペースで、得意な点やよく理解している点は簡単にすませ、苦手な点やあまり理解していない点に時間がかけられるなど、中学受験対策では理想な方法で取り組めるでしょう。