モチベーションの維持

中学受験に限らず長期間の戦いになる受験に様々な対策をされていると思われます。
通信教育や市販ドリルを利用するのは結構ですが、一番大切なのは継続力です。
中学受験を控えているお子様にプレッシャーを与える事は大きなストレスが溜まるので避けなくてはなりません。
特に通信教育や市販ドリルのように、与えられる教材は特にストレスに感じる時があります。
お金を掛けて教材を買ったことが時に学力向上の弊害になることもあるのです。
弊害になる理由。
スポーツで例えるとこれらのプログラムは練習です。
本番の受験に対して練習回数が圧倒的に多いという事がモチベーション低下の原因です。
ここではご両親の力が必要となります。
教材から問題を引用してテスト形式で試合の機会を子供に設けてあげる事が重要です。
大きく遠い目標をブレイクダウンしてあげて、より身近な目標にしてあげるだけで目の色が変わって勉強に励むことになるでしょう。
適度な緊張感は圧倒的な成長へと繋がるのです。
練習と試合の適度なバランスが中学受験を控えたお子様には抜群の効果を発揮するのです。
せっかく買った教材を無駄に、そしてお子様の貴重な青春時代を無駄にしないためにも実施してあげてください。