困ったときに質問ができない

子供を中学受験合格を目指す親にとって塾に通わせたいが交通費や月謝などの経費を考えると、通信教育や市販ドリルで家庭学習に重点をおく親も多くなっています。
しかし中学受験では面接などがあり、困ったときに質問ができない子供も増えています。
通信教育や市販ドリルでしっかりして点数をとり、中学受験の自信をつけていても対応できない場合が多くあり、不合格になった例があります。
合格に導くためにはしっかりした対応と中学受験を目指した学習がポイントです。
通信教育にはできない応用力はコミュニケーション能力を身に着けるような学習法が大切です。
現代は長引く不況で、通信教育で学習する子供も多くなっています。
質問できる能力をつけるためには個別指導や集団指導によって、つまずきを知り、解決できるようにすることが大切です。
解決するためには質問して答えを導き出すヒントをくれる人がいなければなりません。
市販のドリルでわからない時正解を見ながら学習しては、自主的な学習とはいえません。
学習にはサポートしてくれる信頼できる人がいることが重要です。
子供の能力や個性を引き出してくれる先生が適切なサポートをして、解答になるようにすることがポイントです。