通信教育や市販ドリルでの中学受験が向いているタイプ

通信教育や市販ドリルで中学受験を目指すということは、基本的には塾などに行かず、自分ひとりで自宅学習をするといったスタイルになるでしょう。
そうすると、これに向いているタイプのお子さんというのは、年は幼くても、あまりガミガミ言われずとも一人で黙々と集中して勉強出来るタイプということがまず言えます。
それではそうすると、それだけで中学受験をクリアできるか?という点が次の重要な点になりますが、そこがこれだけでは難しいところです。
通信教育はまだ採点の先生のコメント等で「解くだけ」にならず、疑問点の解消なども出来る余地はありますが、それにしても限界はありますし、市販ドリルに至っては、やはり基本的には全くの自力でしかないことを考えると、普通は特殊な教育環境が必要となる中学受験を勝ち抜くには厳しいと言わざるを得ません。
従って、このような学習スタイルを補佐してくれる、家庭教師の先生などを頼んで、見てもらうことが必要になってくるでしょう。
そのため、少々内気な性格であったとしても、そのようなスタイルを受け入れられるタイプのお子さんであることも必要です。
つまり、一人黙々としているタイプであっても、静かに自分のペースでも構わないから、人とコミュニケーションを取ろうと出来るタイプである必要があります。